EAつくーるでEA御殿を作るぞぉ MT4のEAで安定運用

fx-on収益ランキング上位のEAが「EAつくーる」で作られている

「EAつくーる」が
自分でログラミング/コーディングすることなくEAを作れる
というのはわかっていても、実際にどの程度のEAが作れるの?
という疑問がありますよね。

 

裁量トレードしているロジックをEAにして、ロジックとしての
有効性を判断するために「EAつくーる」でEAを作る、
という場合にも、どの程度のEAが作れるのかが気になる
ところです。

 

ということで、多数の稼げるEAを販売しているfx-onで
収益率ランキング上位につけたことのあるEAを紹介します。
その名も
【EAつくーるで作成】 iDrive_SimpleTrend_GBPJPY
です。

 

EA名称に「EAつくーるで作成」と謳っているので、間違いない
話でしょう。

 

【EAつくーるで作成】 iDrive_SimpleTrend_GBPJPYについて

本EAは、「パイナップル」さんという開発者さんによるEAです。
「トレンドに逆らわないシンプルロジックのスイングトレードEA」
ということで、
トレンドの方向にエントリーする順張り
ストップロスを小さくすることで損失を限定
テイクプロフィットを大きく設定することで利益を伸ばす
EAとしているようです。

 

基本的な考え方として、
ブレイクイーブン(建値ストップ)によりレンジ相場での負けを抑える
トレンド相場で大きく勝っていく
ということのようです。

 

建値ストップは、EAつくーるでも使うことができる機能として実装されていますね。

【EAつくーるで作成】 iDrive_SimpleTrend_GBPJPYの概要

ここで、 iDrive_SimpleTrend_GBPJPYの概要について
見ていきましょう。

 

【通貨ペア】
GBPJPY

 

【トレードスタイル】
スイングトレード

 

【使用時間足】
H1 1時間足

 

【最大ポジション数】

 

【ストップロス】
80

 

【テイクプロフィット】
220

 

【ロジック概要】
前述の通りです

 

【パラメータ】
MagicNumber = 20150924

 

Lots : 0.1

 

StopLoss : 80

 

TakeProfit : 220

 

ExchangeRateStopPoint : 60
 ブレイクイーブン(建値ストップ)の設定

 

Use_MM : False
 複利運用のオン・オフ

 

Risk_Percent : 1
 複利運用時のリスクをパーセントで入力

 

MaxLots : 10
 複利運用時の最大ロットの設定

 

Slippage : 5
 スリッページの設定

 

Max_Spread : 5
 許容できる最大スプレッド値を入力

 

COMMENT : "iDrive_SimpleTrend_GBPJPY"
 トレードのコメントの設定

 

EAつくーるの機能について習熟してくると、どこで設定するのかが
イメージできる内容ですね。

 

 

iDrive_SimpleTrend_GBPJPYのバックテスト結果

トレードソフトであるEAを、自分でコーディング/プログラミング
することなく作れてしまう「EAつくーる」を使って作ったEAが
どんなバックテスト結果となっているのか、とっても気になります。

 

ということで、早速 iDrive_SimpleTrend_GBPJPYのバックテスト結果
を見てみましょう。

 

EAつくーる 使ってみた

 

とっても印象的なのが、「残高」曲線がなだらかに右肩上がりとなっている点です。
最大ドローダウンが低く抑えられている点から、本EAを購入して運用する
という場合にも、心強いEAとなりそうな印象です。

 

平均負トレードと最大負トレードが同等であることから、
負けトレード時にはストップロスにかかることが多いのであろうと
数字から読み取れます。
トレード履歴をザッと見た限りにおいても、そのような印象でした。
負けを小さく抑え、大きな利益を狙っているということが
数字からも分かりますね。

 

平均勝ちトレードと最大勝ちトレードの差が3倍あることからも、
それが伺えます。

 

ということで、ロジックの基本コンセプト通りにEAが作られ、バックテスト結果も
そのようになっているEAである、ということですね。

 

しっかりと作られたEAである、というのを強く感じます。

 

iDrive_SimpleTrend_GBPJPYのフォワードテスト結果

 

 

iDrive_SimpleTrend_GBPJPYのバックテスト結果が
EAとして期待できるものだということがわかりました。

 

次は、フォワードテストの結果を確認してみましょう。
やはり、バックテスト結果だけではなく、デモ口座だとしても
フォワードで稼働させた状態での結果も確認しないと
いけませんからね。

 

EAつくーる こういうEAが作れる

 

フォワード結果を見ても、収益曲線が印象的です。
横這い期間がありつつ、しっかり稼いでいる期間が
キッチリ有るのが見て取れます。
「ガクッ」とドローダウンしたり、ダラダラと右肩下がりなんてことが
無いですね。

 

 

ただ、数字を見てみるとバックテスト結果と少し異なるようですよ??

 

例えば、最大損失と平均損失が乖離しています。
バックテストがほぼ同等だったのと比べると、不思議ですね。

 

まだキッチリと詳細に解析したわけでは無いのですが、ザックリ解析した
範囲では、
バックテストではブレイクイーブン(建値決済)は±ゼロの損益で
撤退できているのに対して、フォワードでは微損を計上している
ことにより平均損失が小さくなり、結果的に最大損失と乖離している、
ということのようです。

 

もう一つ、バックテストと異なり、フォワードは平均利益と最大利益が同等になっている
という点があります。

 

これは、単純に利益となる時はTPで決済されているということが
要因となっています。

 

いずれにせよ、決済はTPかSLで行われるようなので、エントリー時に
優位性あるロジックでエントリーし、
・想定と異なるなら建値決済で撤退、または小さなSLでの撤退
・想定通りなら、大きなTPでガッチリ大きな利益を獲得
ということになります。

 

エグジット(決済)に関しては、シンプルなロジックとなっているようです。
自分でEAを作成する場合、色々な状況に対応できるようにいくつも
決済ロジックを作ってしまいますが、シンプルなロジックとすることの
優位性を見せつけられた気がします。

 

 

「EAつくーる」でこんなEAも作れる!!
という参考にするだけでなく、自分で運用するEAとしても有望であると
再認識させられたiDrive_SimpleTrend_GBPJPYの詳細を
御自身の目で確認してみて下さい。
「EAつくーる」でEAをつくることの有意性を強く確認できると思いますよ!!

 

EAつくーる こういうEAが作れる

 

 

 

ブログランキング

いつも応援ありがとうございます


にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村