EAつくーるでEA御殿を作るぞぉ MT4のEAで安定運用

【動画】EAつくーる操作説明2_EA作成-バックテスト

【動画】EAつくーる操作説明1_概要で作成した
EAつくーる上での設定内容をEAにします。

 

動画では、全体の流れを紹介していますので、
まずはそれをご覧ください。

 

 

 

 

EAつくーるによるEA作成の大きな流れと補足

1.EAつくーる上でロジックを設定(入力):【EAつくーる】を操作

 

2.mqlファイル(.mq4ファイル)を作成:【EAつくーる】を操作
  EAつくーる上で「EA作成」ボタンをクリックして
  「.mq4」ファイルを作成します。
  ※EAつくーるの設定ファイル「.ini」ファイルと「.mq4」ファイルは、
   何度も保存することになります。
   ファイルの保存場所やファイル名を自分にとって分かり易く手間がかからない
   ように工夫しておくと良いです。

 

   a)保存フォルダ
    例えば「EAつくーるデータ」という名のフォルダを作成し、
    常に同じフォルダへ保存する。
    (EAつくーるを起動するたびにデフォルトのフォルダを最初に
    表示するようになってしまうので、そこからの移動も考えた位置
    にしておくと、手間の軽減になります。ショートカットでも良いですね)

 

   b)ファイル名
    EAつくーるの設定ファイルと.mq4ファイルは、別名で保存できるように
    なっています。
    EAつくーるの設定ファイルについては、設定内容、ロジックを変更/追加する
    毎に変更しておくことをオススメします。
    なぜかと言うと、何か意図と異なる動作になったり、トラブルが起きた時に
    被害を最小限にするための対応です。

 

3.「.mq4」ファイルをコンパイルしてEA「.ex4」を作成:【MT4のMetaEditor】を操作
   「.mq4」ファイルをMT4の「experts」フォルダに移動(コピー)させます。
   そして、「.mq4」ファイルをMetaEditorで開き(左ダブルクリックする)、
   画面上部中央にある「Compile」をクリックしてコンパイルします。
   画面下部のDescription内に0errorと表示されれば、無事にコンパイルされ、
   「.ex4」ファイルがexpertsフォルダに生成されています。
   (何らかのエラーが発生している場合には、それについての対処が必要となります)

 

   ※MT4のexpertsフォルダ位置を見つける方法
   動画内でも簡単に触れていますが、MT4のexpertsフォルダ位置の見つけ方を補足します。
   MT4の画面左上にある「ファイル」メニューを左クリックします。
   表示されたメニュー一覧の中に「データフォルダを開く」があるので、
   それを左クリックします。
EAつくーる

 

   すると、エクスプローラー画面が立ち上がり、Terminalフォルダ内に
   数字やアルファベットからなる暗号のようなフォルダ名のフォルダが
   表示された状態になります。
EAつくーる

 

   その一覧の中に「MQL4」フォルダがあるので、それを左ダブルクリックして
   フォルダを開きます。
EAつくーる

 

   表示されたフォルダ一覧の中に「Experts」フォルダがあります。
EAつくーる

 

これで、MT4のexpertsフォルダ内に「.ex4」ファイルが保存されている状態となりました。
後は、通常のEAを扱うのと同じ方法でOKです。

 

ブログランキング

いつも応援ありがとうございます


にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村