EAつくーるでEA御殿を作るぞぉ 市販EAもね

【EA継続検証】2021年9月

以前は、市販と自作のEAを多数稼働させていましたが、
2020年3月くらいのコロナショック期以降、自身の
・アセット・アロケーション(資産配分)
・アセット・ロケーション(口座配分)
を見直していく中で、FXにおいては結果的に
・口座を国内限定とする
・稼働EAは一旦リセットして、期間を置いて検討する
こととしました。

 

ので、自分自身の口座でEAを稼働するようになって、
何もEAを稼働していないという期間が1年以上となる
初めての期間となりました。
EAを初めて稼働し始めたのがいつなのか不確かですが、
10年以上前のことです。

 

当時は、EAを稼働するにもちょっとした手続きを追加を
行う必要があり、しかも国内口座では無かったので、
多少不便な思いをした記憶があります。

 

とは言え、たしか日本人のサポート担当者さんがいて、
言葉の面では不便に思わなかったです。
このへんは、今どきの国内口座ではない口座を使う環境と
同じですね。

 

さて、EAを稼働再開させるにあたり、以前稼働させていた
ものの中から選択するのではなく、新たに採用することを
原則としています。
単純に、現時点で選択するなら・・・という視点と判断を
重視するということです。
そのうえで、以前のものを使うということがあるかもしれません。

 

また、自作EAについても、キッチリ作り込んで長期で
継続的に使用できると見込めるものを稼働させる方針です。
それを売買ロジックを洗練することで実現するというよりは、
例えば
・資金/売買数量の管理
・相場環境認識
などについて練り込んで実現させる予定です。
(EAにとらわれずに自動売買システムを構築したいというのが
あるので、EAでは無いものの構築を優先するかもしれません。
そういったものは既に存在すると思うので、自分もそれを
稼働させてもらえるのならそれがベストですが。)

 

今回は、現在リアル口座で稼働している2つのEAについて、
稼働状況を紹介します。

 

なお、今後は定期的にEAの稼働状況について紹介していく予定です。

 

ユーティリティ・プレーヤー

ユーティリティ・プレーヤーの商品ページにある
「AWARD 2020 受賞EA」というのは、
GogoJungle AWARD2020における「EA部門」に
おいて受賞したということのようですね。

 

他にも、投資ナビ、サロン部門、インジケーター・電子書籍部門
というような部門もあったようです。
こういったAWARDは、継続的に実行して、AWARD自体の
権威のようなものが醸成されると良いですね。

 

さて、ユーティリティ・プレーヤーについては、
【EA検証】ユーティリティ・プレーヤー
にて紹介しています。

 

順張りと逆張りを併用するロジックである」というのが
大きな特徴です。

 

個人的な裁量トレードであれば、順張りと逆張りを
併用するというわけではないですが、長期で順張り、
短期だと逆張りとなるというトレードはしていますが
ユーティリティ・プレーヤーはどういったロジックなのか
気になるところです。

 

さて、そんなユーティリティ・プレーヤーのリアル口座における
トレード結果を見てみましょう。

 

【口座】:外為ファイネスト リアル口座
【稼働開始】:2021年7月下旬(最初のトレードは7月22日)

 

ユーティリティ・プレーヤー_結果_20211004

 

チャート下段に表示されているのは、「名は体を表す」を地で行く
「損益グラフが一目でわかる!」というツールにより表示させた収益曲線です。

 

EAや裁量トレードの損益グラフをリアルタイムに表示!運用管理、EAの運用検証に!EAや裁量トレードの損益グラフをリアルタイムに表示!運用管理、EAの運用検証に! | GogoJungle

 

EAなり裁量でのトレードをMT4口座でしている場合、
myfxbookにて結果を検証している方が多いと思います。
無料ですし、便利ですよね。

 

「損益グラフが一目でわかる!」は、チャートを表示しているだけで
手間暇かけずにトレード結果を確認できるので、とっても便利です。
これは、文字通り長期間活用させていただいています。
こちらから要望を出して、それを叶えていただいたこともあります。
開発者の「しがないあらさー」さんは、EAも出品されていますよね。
誠意ある開発者さんだと思います。

 

その「損益グラフが一目でわかる!」で確認してみると、
利益:104.9pips
取引回数:29回
勝率:79.31%
プロフィットファクター:2.83
ということで良い数値ですね。

 

そして、収益曲線の形状としても良いと判断しています。
ヨコヨコ期が稼働開始から継続していますが、途中から
モリモリと利益を稼ぎ出しています。
右肩下がりとなる兆候なく耐え忍び、ここという時期には
しっかりと稼ぐ、というのが良いです。

 

こういった結果が今後も続くと良いのですが、どうでしょうか。
バックテストの結果から、どの程度の結果を想定しておくか、
というのも、明確に紹介出来ると良いなと考えています。

 

今回の結果は、約2ヶ月間の結果ですから、それを忘れないように
したいと考えています。

 

なお、ロットは、0.01LOTにて稼働開始何度かロットを大きくするという
変更をしています。
まだ、本格運用というフェーズではなく、EAの検証をしっかりと進めるという
フェーズであるという認識です。

 

ユーティリティ・プレーヤーというEAの存在を知るきっかけとなったのは、
外為ファイネストの口座保有者向けキャンペーンでした。
早とちりして(笑)、もらえるものだと思い込んでいたのですが、

(プレゼントと書かれると、もらえると思っちゃいますよね。ただ、詳細ページには
赤字できちんと3ヶ月という説明がされています)

 

そう、後からよく見たら3ヶ月間限定だと・・・。
で、実際に稼働させていると、悪くないトレード結果だし、売れているEAなので
(2021年9月時点で300以上の利用者数)継続稼働を検討してもよいと
判断しました。

 

「悪くない」という控えめな表現をしているのは、稼働開始後の収益曲線が
ヨコヨコになっている期間を指していて、収益曲線を右肩下がりにせず
持ちこたえている部分です。
EAのキャラクターとしては良いと言えますね、耐え忍んで次を待つ!!と。

 

もちろん、今後のことは分かりませんし、一時的に収益曲線がお辞儀して
ドローダウン期間が短期間ではすまないということもあるでしょう。
で、こういう時の見切りの付け方についてはバックテストの詳細解析と
リアルトレードでの様子を見ながらの判断が必要と考えています。

 

今後も様子を見ながらLOTを大きくしていきますし、検証も進めます。

 

なお、ユーティリティ・プレーヤーの巡航ロットサイズ未定です。

 

他のEAをどれくらい稼働させるかで全体の中での資金管理という面と
ユーティリティ・プレーヤーにどれくらいまでの資金を投入できるか、という
のがあるので。
現時点では、ポジティブな印象をもって観ています。

 

★AWARD 2020 受賞EA★完全同一ロジックにより順張りも逆張りもこなす安定型EA | GogoJungle

 

 

個人的には、複数ポジをうまい具合にコントロールして
・負けを小さく
・利は大きく
というのを狙うEAが理想です。

 

売買ロジックにそれを頼ると、どうやっても相場との相性から逃れられないという
のが個人的見解で、それ以外で上記2兎を追うことを実現するには
複数ポジションのコントロール
であると考えています。
ま、そういうEAなり自動売買システムを構築したいのですが・・・。
令和のだぶるいーさんならできると思うのですが、そんな気はないですかねぇ〜??

 

 

ユーティリティ・プレーヤーの結果紹介の最後に、
ユーティリティ・プレーヤー利用者のうち、実際にリアル口座で
稼働させている稼働割合を紹介します。
(次のアノマリーマスターで紹介したので、ユーティリティ・プレーヤーでも
紹介させていただきます)

 

utilityplayer_稼働率_20211004

 

ユーティリティ・プレーヤーのリアル口座EA稼働率(過去1ヶ月)は、
稼働率:37%
稼働件数:120個(購入数:328個)
という結果です。

 

EA全体として、フォワードテスト稼働期間が永くなるにつれて
稼働率も低下しているという傾向があるようです。
まあ、傾向としてそうなるのは理解できますよね。
ユーティリティ・プレーヤーとしては、この稼働率を維持するくらいの
トレード結果を残せるかどうかというところですね。

 

現時点の印象としては、もう少し高い稼働率でも良さそうと思います。
稼働停止なり再開をどのように判断するかは運用者それぞれですから、
なんとも言えないところではあります。

 

いずれにせよ、淡々と検証を進めていきます。

アノマリーマスター

アノマリーマスターについては、【EA検証】アノマリーマスターにて紹介している通り、
ドル円のアノマリーを収益に替えるEAです。

 

アノマリーマスターも1ポジですが、エントリーなりイグジットが一定の
タイミングというロジックの場合があり(4つのロジックがある)、
複数ポジションを持って、より良いトレード結果を希求したいと個人的には
考えています。

 

・イケんじゃね!!という場合には利を伸ばすポジションを残す
・駄目だなぁという場合には、決済規定時間を前に決済するポジション分を
 想定したポジション数をエントリーする

 

もちろん、そんな簡単な話では無いし、シンプルで分かりやすいEA
というのを崩すことになるのですが・・・。

 

本EAも7月下旬外為ファイネストのリアル口座にて稼働開始しました。
アノマリーマスターもユーティリティ・プレーヤーと同様に、逐次ロット数を
大きくしている段階で、巡航ロットが未定というのも同様です。

 

外為ファイネストのリアル口座における収益曲線は以下の通りです。
チャート下段のラインが収益曲線です。
アノマリーマスター_結果_20211004

 

うまくアノマリーが機能する時とそうでない時がハッキリしている、という
ことかな、という収益曲線ですね。

 

アノマリーマスターの状況のよく表しているものとして、
EAの稼働率を紹介したいと思います。
ゴゴジャンで購入されたEAの過去1ヶ月間におけるリアル口座での
稼働率です。
アノマリーマスター_稼働率_20211004
ご覧のように、100%の稼働率です。
利用者100名超、そしてその全ての人が「リアル口座」でアノマリーマスターを
稼働している!!という事実。
素晴らしいですねぇ。

デモ口座ではなく、リアル口座ですからね〜。

 

アノマリーマスターについても、様子を観ながらロットサイズを大きくしている段階です。
稼働するEA全てを含めた資金管理、アノマリーマスターに任せる最大資金、
というのを踏まえて巡航ロットサイズを決める予定です。

 

アノマリーマスター
複数のロジックで構成されたUSDJPYのEAです。本システムは実需に逆らわないトレードをするため、安定した資産運用を行うことができます。複数のロジックで構成されたUSDJPYのEAです。本システムは実需に逆らわないトレードをするため、安定した資産運用を行うことができます。 | GogoJungle

まとめ

2021年10月初旬時点、株式相場は小さくない調整局面
(場合によって更に大きくなりそう)ですが、
為替相場も次の展開に向けてムズムズしているという印象を
持っています。

 

水星逆行10月19日まで、米国政府の債務上限問題
中国の恒大集団絡みの債務(破綻?)問題などありますが、
相場を動きを結果的に収益にすべくEAの稼働、各相場の
裁量トレード、長期ポジションの仕込みなどを実行していきます。

 

EAについては、追加で稼働させるEAの検証も進めたいと
考えています。

 

 

個人的には、複数ポジションをうまくコントールする売買システムを
EAという枠にとらわれずに構築したい!!という野望(笑)があります。
そちらも、時間を確保して進めて行きます。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ブログランキング

いつも暖かい応援をありがとうございます!!

人気ブログランキング

にほんブログ村 為替ブログ システムトレード 自作EA派へ

関連コンテンツ

【EA検証】アノマリーマスター
自作EAだけでなく、市販EAも賢く運用したいですよね。自分で実際にバックテストやリアル口座での運用をして検証した結果を紹介します。
【EA検証】ユーティリティ・プレーヤー
自作EAだけでなく、市販EAも賢く運用したいですよね。自分で実際にバックテストやリアル口座での運用をして検証した結果を紹介します。今回はユーティリティ・プレーヤーです。

トップページ こんな時にEAつくーる インジケータもつくーる 裁量トレード 市販EA